スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日で展覧会終了「翼と羽根の降る夜」

大阪、ミナミのデリシャスメロンさんで開催していた、
「翼や羽根の降る夜」の展覧会が、昨日で終わりました。

先月、浪漫さんと東京で開催させて頂いた「廃園の妖精」展。
終了後に、急遽決定した大阪でのミニ展覧会だった事もあり、
一部の方へのご案内のみで開催を決行してしまいました。


今年は、クリスマス前なのに商店街も閑散としているし、
東京での開催前の不安以上に、お客様に足を運んでもらうのは、
無理ではないだろうか・・・。そう思ってました。

しかし、予想に反して、かなりな方に足を運んで頂け、
又、お買い上げ下さった方も多く、本当に、ご縁や人の繋がりと
いったものを、実感させて頂ける展覧会となりました。
足を運んで下さった方、お買い上げ下さった方々に、
心から感謝しております。


オブジェや版画、絵画で表現していた頃もありましたが、
ビーズを中心としたアクセサリー制作に移行し始めてから、
そろそろ9年目になろうとしています。
最初の5~6年は、仕事の合間の趣味程度でしたが、
段々とアクセサリーメインになっていき、去年から、本格的に
制作するようになってきていました。


にもかかわらず、今回、足を運んでお買い上げ下さった方
の中には、オブジェや版画を制作してた頃から応援して
下さっていた方も、何人か、いらして下さってたんですね。

東京と大阪で、続けざまに展覧会を開催してみて、
自分の中で、諦めたり、迷っていたりした部分を、
もう一度、見つめ直してみたいなと・・・。
誰かと一緒に何かをやるっていう事は、自分の中の揺れを、
見つめることに繋がるんだなぁと、今、振り返って思ったりしています。


自分の中心を、揺れないしっかりとしたものにしてゆきたいです。
今回のデリメロさんの展覧会で、そう決意しました。
気づかせて頂けた、方々に、心から感謝です。有難うございました。










ブログランキングに参加中です。
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
  
  

この記事の内容が良かった、面白かったと思って下さった方、
上のランキングか、下の拍手ボタンを押してもらえると

















続きがあるとは書かなかったにもかかわらず、
ここをクリックして下さった方、興味を持って
読んで下さってありがとうございます。
すぐに忘れてしまう方なので、今の心境を、
書き留めておこうと思います。


前に、コメント欄で、形を学ぶにつれて発想に規制がかかってしまう・・・
というような事を、hanakoさんとお話させてもらった事があったのですが、
最近、特に、それを感じてました。

身に着けるものや日常に使用するものでなければ、ここまで考える事も
無かったと思います。
つくづく、ジュエリーのような、長い流れの中で洗練されていった技術や
智恵といったもの、名も残っていないような方々の努力や継承の中で、
受け継がれてきたもの。そういった部分が土台としてあってこそ、初めて
日常の中での使用に耐えうる、装身具となる事ができるんだろうと思います。
一個人が、自分の力だけで習得できるものには、限界があると思うので、
そういう意味では、まだまだ勉強しなければならない事が山積みです。

しかし、そういった部分を学んでいけばいくにつれて、一旦は、オリジナル性
といった部分から、遠のいていってしまう事に気づくのです。
で、そこを抜けられる人は、ごく僅かな人だけだという事にも、必然的に気づく
事になります。



意表をついた人目を惹くようなデザインであればあるほど、上述したような
日常の耐久性といった部分からは、ほど遠く、でも、扱い難いものを作って
どうなんだろう?
そんな思いと、展覧会という形で、ご覧頂くからには、大作と呼ばれるような
作品(コンテストに応募するような)を作らないと、面白く見てもらえないのでは
ないのだろうか?
という思いの間で揺れていました。


そんな2つの思いがあったせいだと思うのですが、大阪での展覧会では、
お買い上げ下さったお客様の層が、2つに分かれていたそうです。
(これは、会期中にデリメロのオーナーさんから伺いました。)
それを聞いた時、このまま二つの間で揺れ続けていくと、結局は、
真っ二つに分かれて方向性を見失う事になるだろうと思ったのです。

東京展では、アクセ制作以前からのお客様が、いらっしゃらなかったので、
自分の中で、何か振り子のように揺れてる部分があるとは分ってましたが、
それが何かなのかは、具体的にここまでハッキリと分らないままでいました。

最初は、二つの内のどちらかを選択しなければならないのかなぁという風に
思ってましたが、今は、この二つの部分を、より合せるような形をとりながら、
方向性を模索してみたいと思っています。






2012.4.7

早いもので、あれから3年と3ヶ月ほどが
過ぎちゃったんですね・・・

記事の整理をしながら、これを読んで、
ようやく、揺れの収まり先が、見つかってきた
今日、この頃のように思いました。


もともと、アイディアと編み方などのオリジナルの
部分では、高い評価を頂いてたものの(これは
うちの作品をお買上げ下さるお客様の、ほぼ半数
くらいは、同業の方や、もの作りをされてる方という
特異性?から、そうなんだろうと推測してきたもの
です。分ってるだけで、その位の%なので、実際は
もっと多いかもしれません。)ファッションセンス的、
時代の波に乗れてるか?っていう部分で、やっぱり
どっか違うなぁ~っていうのは、自分ながら、思って
ました。


ここ十数年、ファッション的な部分に、あまり、興味が
湧いてこないところがあったからかなぁ~とは思います。


それが、この度、先日、ある音楽に出会ったことから、
突如として、変化したような気が・・・



去年、独立してから、初めて、とんでもない年収となって
しまったので、今年、やってけるかなぁ?と感じてましたが、
上のようなことで、色々と、やってみたいことも出来ちゃい
ました。


イイ感じだと思います


今迄、本気じゃなかった訳でもないけれど、今回は、
自分の為に、自分の愛する事の為だけに、自分の時間を
最優先で使う決意もしましたから、しばらくの間、スピ的
フォローは出来ません。

最終的に、そうすることが、一番、いいのだなぁ~、生きるって
ことは、そういうことで、そういう部分で生まれるコミュニケーションの
循環こそが、本当の意味での人との繋がりになるんやろなぁ~って、
何となく理解できてきてるからかも・・・

多分ですが、魚座の時代と水瓶座の時代では、スピリチュアルな
部分の基本的な姿勢が、大幅に変化してるような気がしてきて
います。

今迄の先人と同じ道を歩む必要は、必ずしも無いかもしれない。



そう感じてきてる今日この頃。

これから先は、自分の思うように生きてみることにしました。









テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

★おつかれさまでした★
 来年の新しいRiekoさんに期待しつつ、ご来店頂きました、ファンの皆様の暖かさ、やさしさ、そしてずーっと長きにわたり見続けて頂いている大切なファンの方々に見守られているRiekoさんが大変うらやましく、見習いたいとおもいました。素敵な作品をこれからも生み出して下さい。楽しみにしています!

Re: タイトルなし

delicious melon さま

こちらこそ、色々とありがとうございました。
ほんとに、色々な方とお仕事を、ご一緒させて頂いたり、出会いも多かった2008年でした。
そんな中でも、デリメロさんを通して、気づかせてもらった事も多く、ほんとに感謝しています。

先日の展覧会の時、人の行動を通して見えてくるものって、結局自分自身に他ならないだなぁ~という事に気づけたり・・・思っているだけではなく、言葉や行動に移す事の大切さを教えてもらえました。ありがとうございます。v-410

来年も、どうぞよろしくお願いしますね。v-415



展示会、お疲れさまでした!

大阪での開催、行けなくて残念でしたが、ご活躍の様子をうらやましく拝見していましたよe-419

私は大きなコンテストなどにのっかる形でしか作品を発表していないので、Patonyaさんの手作りの展覧会に憧れをもっています。

どのようなものを作っていくのか。
方向を模索されているのですね。
実用性とデザイン。
本当に難しいですね。

うまく言えませんが、アートにしても音楽にしても後生に残るようなものは意図して奇抜に作ろうとしていたものではないような気がするのです。
作者の作品を通しての想いが唯一のオリジナルに昇華された結果として、世間から見ると奇抜で目をひくと称されるものはあると思いますが。

どちらにしてもキラリと光る何かをもっているかどうか、人の心を惹きつける魅力があるのかどうか。
その辺が大切なのではないでしょうか。

patonyaさんの作家さんとしてのこれからの歩み、成長を楽しみにしていますね。
実り多い展覧会、無事終了、おめでとうございましたe-460

ありがとうございます☆

hanako さんへ

こんにちは。ご無沙汰してました。v-410
東西の展覧会の件もあって、ここ2ヶ月ほど、
心の余裕が無かったのですが、やっと久しぶりに
ホッと一息つく事ができました。

そんな時に、hanako さんからのコメントを頂いて、
本当に嬉しく拝見させてもらってます。


> 大阪での開催、行けなくて残念でしたが、ご活躍の様子をうらやましく拝見していましたよe-419

気にかけて頂けて、ありがとうございます。v-351
それだけでも、結構、嬉しかったりするものなんですね。

> 私は大きなコンテストなどにのっかる形でしか作品を発表していないので、Patonyaさんの手作りの展覧会に憧れをもっています。

又、機会がある時にでもご覧頂けたら幸いです。
次回は、泉南の方で3月頃に予定させてもらってます。

小さなものでも、気軽に開かれてみられると、色々と
出会いや新たな発見があって、面白いかなと思います。v-392



> どのようなものを作っていくのか。
> 方向を模索されているのですね。
> 実用性とデザイン。
> 本当に難しいですね。
>
> うまく言えませんが、アートにしても音楽にしても後生に残るようなものは意図して奇抜に作ろうとしていたものではないような気がするのです。
> 作者の作品を通しての想いが唯一のオリジナルに昇華された結果として、世間から見ると奇抜で目をひくと称されるものはあると思いますが。
>
> どちらにしてもキラリと光る何かをもっているかどうか、人の心を惹きつける魅力があるのかどうか。
> その辺が大切なのではないでしょうか。


まったく、その通りだと思います。
心に刻んでおきたい言葉です。


> patonyaさんの作家さんとしてのこれからの歩み、成長を楽しみにしていますね。
> 実り多い展覧会、無事終了、おめでとうございましたe-460

本当に、いつも励ましのお言葉を、ありがとうございます。
一息ついたので、今度は、hanako さんのサイトへ、ゆっくり
遊びにいかせて頂ますね。v-356v-238



M さまへ

昨日、コメント頂いてたんですね。
すみません。今頃、気づきました。^^;

喜んで頂けたのが、何よりです。
こちらこそ、ありがとうございました。

素敵な年末年始を過ごして下さいね。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。