スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に気のお話

昨日から展覧会が始まりました。

搬入も無事終わり、少し気持ちの余裕が出てきたので、
前に書いた、気やオーラの話の続きを書いてみますね。


気やオーラが、時たま見える事迄は書きました。
私の場合、見えるのは、意識したり、自分の体調によったりで、
常時という訳ではないのですが、体感的に感じ取る”場の気”
のようなものは、よほど体調が悪くない限り、敏感に感じ取る事が
できるようです。

これも、日本人の方には、多いみたいですよね。
”気”という言葉が多く使われる母国語なのも、こういった
体質的な部分が大きく関係してるからなのだなぁと、
最近、つくづく思ったりしています。
気を察する能力の高い民族なのだなぁ~と・・・


この事についてネットで調べてみると、普通に生活してる方を始め、
様々な方が、気を察する能力について書いてらっしゃったりしている。^^
なので、この能力は一般的といえば一般的ですよね。
ただ、普通よりは、かなり敏感な方だと思うので、今迄の人生、
苦痛が多い道のりでした。



例えば、多分、あの人は今こんな状態なのだなぁ?と思う事って
あると思うんですけど、普通は、顔色や声色、目の表情やしぐさ
そんなところから、察したりする事も多いんですよね。
動物であれば、自分を守る為に、自然にそういう能力を身につけて
いるので、よほど鈍感な人以外、普通に持ってる能力だと思います。


どう敏感かというと、私の場合、その人を見なくても、ある一定の距離
以上、側に近寄られたりすると感じとることができるのです。

何を考えてるかは分からないんですが、その人の身体が、今、どんな
状態なのかが、空気の振動のような感じを通して伝わってくるのです。
(としか言いようが無い)


今迄、なんとなく感じてはいたけど、人よりもかなり敏感で、雰囲気で
察してるものでは無いという事に、初めて気付いたのが、電車の中でした。

電車に乗って友人の家に遊びに行く途中でした。
久しぶりだったので楽しみにしてて、朝起きてから、その電車に乗る迄、
楽しい気分が続いてました。かなり良い状態をキープしてたと思います。
が、ある駅を過ぎた頃から、急激に気分が悪くなってきたのです。

つり革につかまって立ってたので、空いてる席があったら座りたいと思い、
辺りを見渡した時、何故か、そんなに混雑していない車内の、私のすぐ後ろ、
お年寄りが立ってる事に気付いたのです。
混雑してない車内で、あまりに近い距離にいるのが不自然に感じられ、
直感的に、原因が、この方だと分かったので、そこからすぐに離れました。
それだけで、随分状態がましになって、友人の家に着いた時は、すっかり
元に戻っていました。

この事があってから、電車などで、たまたま隣に座った人になんかに、
意識を向けてみると、色々な状態が伝わってくる事が分かったのです。

人だけでなく、土地や家屋などの家、時には石にも(これは前のブログ
にも少し書きましたね。いつもじゃないです。)、感じられる事があります。



こういう体質になると、自分の周りは、できれば幸せな心で、良い状態で、
過ごして欲しいと切に願うようになります。
人の幸せを願って積極的に自ら行動するという、そんな境地からは、
ほど遠いのですが、周りの人が、無事に幸せに過ごしてくれないと、
自分もしんどいので、心からそう願えるといったそんな感じでしょうか・・・。

幸せの感じ方は、色々ですが、中には、今迄、自分が避けてきた部分に直面
しないと、今の状態から抜けだせない場合も多くあり、傷つく事を恐れるあまり、
本人が気付かないところで、幸せになる事を拒否している事も多く、(自分の
中にも、こういった所を見ることがあるので分かるのですが)、そんな場合は、
そういう方に自分が関わると、かなり消耗してしまう事に気付いたので、よほど
親しくて、自分の状態が良い時意外は、なるべくかかわらないように、心がける
ようになりました。


そして、去年の手術から、自分の持っていた気を感じる能力が、変化した事もあり、
今迄のように、人の気を感じながら、側にい続ける事が困難になってきた為に、
最近、対人関係が急激に変化しつつある事も感じています。




人の状態を感じられるからといって、心の中まで分かる訳ではありません。
(ただ、こういう事を長く経験していると、心が身体を創るものではあるのですが、
必ずしも、身体の状態が悪いから心の状態まで悪いという訳でもなかったり、
心の状態は酷くても、身体はエネルギーに溢れてたりという事も、あるのだと
分かるようになってきました。)



自分の状態を±0として、それより重いか軽いか、気分が落ち込むものか、
軽やかになるものか、といった風に、あくまで自分の状態が基準です。

更に、表面的には、一見にこやかに見えてるのに、重い感じやピリピリした
状態の人や、心地良いエネルギーを感じるのに、顔の曇りがちな人など、
表面と内面で矛盾するような場合など、様々な場合があります。
(この辺の事は、一言に内面といっても体調的な部分か精神的な部分か・・・
色々複雑で、文章にしてお伝えする事が困難なので、省略させてもらいますね。)
私は演技とかが苦手なので、どう接したら良いのか、困惑してしまうのです。
こちらの態度がチグハグになってしまう事も多々あったりして、そんな私を
ハタから見れば、ヘンな人ですよね。(笑)
それで、そのことに気付いてからは、なるべく人を直視しないよう、自分の
感覚を優先させるようになりました。



たまに、ある箇所が痛くなったり、息苦しくなったりとかもあるので、そういう場合は、
何らかの病気を持ってらっしゃる方なのかなぁ?とか思う事はあります。

何故かは今もって分からないのですが、稀に、こういったものが伝わって来ない方が
いらっしゃって、そんな方の場合は、表面的な性格や他人の評判はどうであれ、私に
とっては、すごく接しやすい方である事だけは確かです。
こちらが影響を受けないので、本来の自分のスタンスでお付き合いさせて頂けるん
ですよね。
しかし、そんな方は、本当に稀で、それが何に由来しているのか、今の私には見え
ないのです。
なので、最近は、それが何故なのか知りたいなぁ~と思ったりしています。


これから3月いっぱいは、多忙状態が続きそうなので、又、来月以降、
少しゆっくりした時にでも、スピ系記事を書きたいと思います。



ブログランキングに参加中です。
応援クリック宜しくお願いします☆


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。