スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶を視る・・・ *カテドラルクォーツ*

objet 風の聖堂



上は、先日のフェアに出品させてもらってたオブジェ「風の聖堂」ですが、
写真がよくなかったので、ショップに掲載する前に、撮影し直してみました。


前に記事にした時は、このオブジェを作った時のイメージを、
少し書いてみたりしてました・・・
この石から、どういうインスピレーションをもらって、制作に
移ったのかを、私が”石を視る”時の視点を加えながら、
もう少し詳しく書いてみたいなと思ったので、書いてみる事に
しました。





続きは read more をクリックしてご覧下さい。





ブログランキングに参加中。
クリックして頂くと励みになります


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
石を眺める時、(特に水晶)必ず、光を透過させられるような場所で、
少しずつ、石の角度を変えてゆきながら、ボーっと眺めてゆくのです。
すると、ある場所に来たとき、突然、風景のようなものが視えてくる
事があるんですね。

特に水晶は、面白い景色を映し出してくれるので大好きです。
中でも、この、カテドラルクォーツと呼ばれてるものは、色々な
風景を見出せるので、特に面白いなと思っています。



カテドラルというからには、聖堂が視えてくるんでしょうか?

とう訳で、先ず最初にご覧頂くのが、
私がこの石の中に聖堂を視止めた一枚から・・・

objet 風の聖堂




右下に川が流れていて、その左上、断崖絶壁に建つ聖堂。
そんな風景が、石の中心に見えてきました。
これは、内部からではなく、建物自体の風景のようです。
(なるべく、そう見えるショットで撮影してありますが、
見えない方は、ごめんなさい。)

建物の両脇には、空のような翼のような、白い空間が・・・



では、内部に入ってみましょう。


objet 風の聖堂


これは、少し解りにくいので、画像をアップにしておきました。

中心に小さく細長い、黒っぽい部分がありますよね。
そこが、建物内部から、テラスに出てゆく開口部です。

その手前に白く小さくあるのが、マントを被り、手にランプを
携えた僧・・・
丁度、階段を昇っていって、外に出る寸前で、振り返っている所です。


と、まぁ、そんな風に視えてくるのです。




objet 風の聖堂



これも聖堂の内部でしょうか・・・
小さな人影が視えてます。

想像を膨らませて、眺めてみて下さいね。



objet-kyoukai6.jpg


最後は、聖堂の建つ絶壁の下を流れる川から、
靄が立ち上ってきている風景など。


こんな感じで、時の経つのを忘れ、石を眺めてたりするのです。
これは私の視方なので、自由に心を遊ばせて、眺めてもらうと、
貴方独自の違う風景に出会えると思いますよ~。

やはり、水晶に始まり、水晶に終わる・・・
納得です。(今のところは)





ブログランキングに参加中。
クリックして頂くと励みになります


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。