スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の光を眺めて思うこと・・・

今回の展覧会「月光の森」の月光ですが、
色々とイメージを膨らませながら、制作しています。



そんなレインボームーンストーンを使って制作中のリング。

とりあえず、あと少しのところまで出来上がったので、
嬉しくなり、夜中ですが、記念撮影してアップ。
完成したら完成写真でアップすることにしてましたが、
あと、アームの左側部分のみなので(写真からは見えない)
出来上がりは、会場にて、お楽しみ下さいねっ。

ring 月虹の蕾
周りをビーズで編み進んだので、石肌が見える面積が減っちゃいました。
が、光の入る角度が違ってくると、こういう石は浮き上がってくる色彩や模様が、
微妙に変化してくるのが面白かったりします。
クラックやインクルージョンの影が、小さな星々のように見えます・・・
キラキラ


こちらの作品は、11/29(日)からの展覧会
出品させてもらう予定です。




気に入って下さった方は、応援クリック、よろしくねっオカメインコ(ルチノー)

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


昼間の眩い光の中では、星の光も消えてしまうし、
直接、光源の太陽を眺めることもできないけれど、
月の光は太陽の光の反射なわけで、ワンクッションおいて、
地上に差し込む光なので、とっても優しいのですよね。

小さくて弱い光の星々とも共に輝くことができる・・・


今回使用しているレインボームーンストーンは、正確には
ムーンストーンではなくって、ラブラドライトの一種で、
淡く優しさに満ちた輝きが、まだ観たことのない月虹の
イメージに重なって、インスピレーションを与えてくれる
石のように思うのです。

通常のムーンストーン(特にホワイト)は、冬の良く晴れた夜、
空高く煌々と輝く月のイメージで、それ以外の昇りくる月や
明け方の月、宵の月などは、ホワイト系やゴールド系などの
ラブラドライトに見られるイメージに近いような気がしてました。
何故か?と聞かれても、そう思うからとしか言いようがないですが。

そして、月光の森というイメージは、空高く昇った月の光ではなく、
これから昇りくる月の輝きのイメージなのですよね・・・


気に入って下さった方は、応援クリック、よろしくねっオカメインコ(ルチノー)

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:天然石アクセサリー - ジャンル:ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。