スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショップにアップ!!&展覧会ご案内 * 今尾 栄仁 個展 -ほとり- *

波の音が聴こえてきそうなネックレス・・・



necklace *海の音*
          necklace * 海の音 *



前回の展覧会作品のこちら、ショップにアップしました。


それから水を感じさせてくれる展覧会のご案内も


* 今尾 栄仁 個展 -ほとり- *
画像をクリックして頂くと、拡大して開催日時などの詳細をご覧頂けます。

ご案内頂きながら、今回も急なお仕事が入って、
無理そうなので、こちらで、ご紹介させて頂きますね。
明後日5/30(日)迄と、会期も終盤ですが、京都寺町の
ギャラリーヒルゲートさんで、今尾 栄仁 氏の展覧会が
開催されています。

藍が美しい、毎回、水や空を感じさせてくれる、清清しい
心が洗われるような作品たち・・・
お近くの方や、週末、京都に足を運ばれる方は、是非、
私の代わりに訪れて、出会ってもらえたらと・・・・


続きは more をクリックで・・・

ランキングに参加中。
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
今日は、ここからちょっと独り言など・・・



自称、”水の女”な私です。

何が水かっていいますと、まず名前。
それから色んな占いのタイプで、とにかく
水に関係するものが、とっても多いのです。

なのでか、川だの海だの雨だの霧だの雪だの、
水に関連することに、自然と惹かれてしまいます。
あまり意識してないんですけど、気が付くと、
そんな感じですね。

先にご案内させてもらった今尾氏の展覧会も、
水を感じさせてくれる作品や、曙の水辺の空色が
幻想的な作品など、とっても好きな世界です。


氏とは、ある方を介して10年ほど前にご紹介
頂いたのですが、そのとき、ご紹介頂いた方に、
作品の雰囲気が似ていると仰って頂いて、その時は、
何だかピンとこなかったんですね。
けれど、あれから10年経ってみて、振り返ってみると、
似てたのは、作品そのものってことではなかったんだなぁ~と、
分かりました。

私自身は、オブジェや絵画から遠ざかる一方の10年だったし、
今も昔も比較できるものなど無いに等しいのですが、もし、作品に
通じるところがあったとすれば、自分が求めている世界感のようなものが、
似ていたのかもしれないなぁと。

それを言葉で言い表すのは、とても難しいのですが、理論的な頭で考えた、
観念的な部分で、そういう世界感を表現されてるものとは、少し違って、
やはり水ですから、もっと感情的で、エモーショナルな部分から体感
した後に得た静寂、そんな世界を表現しているような印象を受けるのです。


水がみせてくれる光景や色合いに、とても惹かれるのは、
その向こうにあるものを、感じさせてくれるからかもしれない・・・
”彼岸”という言葉が、頭をよぎりました。
(あっ、でも、死そのものという事ではないんですよ。念の為^^;)



ランキングに参加中。
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。