スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットのことを考えてみました・・・

今回、ちょっとマジメな考察です。

ペットへの愛情が、何だか人形愛に似ている?
といった内容の記事を拝見させてもらって、
ちょっと考えてしまいました。

賛成とか反対とかでなく、ただ、何となくですが、
言わんとするところが分るような気もするのです。


続きは more をクリックして
ご覧になってみて下さい。



ランキングに参加中。
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
私は、動物愛護やペット推奨人間ではないのです。
でも、ペットを飼っています。
いえ、飼っているというより、同居してるといった
方が近い感覚かなぁと思います。
飼うつもりじゃなかったんですが、保護して、
引き取り手がなく、仕方なしに・・・ですから。

私の友達にも保護して、飼うようになった人がいたり、
このように、わざわざペット屋さんで買わなくても、
犬や猫なんかだと、保護を必要としている捨てられた、
子たちが、ものすごく沢山いるわけなのですね。
フリーペーパーや新聞、ネットなど、至る所で、
里親募集の広告を見かけます。

動物が大好きで、是非飼いたいと思っていた訳では
なかった私や友人が、飼うことになるくらいですから・・・


本当に、心から動物に愛情を注げる方なら、その中から、
引き取ってあげれば良いのに?と、そう思ってしまう
のですよ。

やはり、見た目が良い、可愛い子、血統、などの
ブランド志向があるのだろうなぁ~と思わずには
いられないのです。見た目の良い子を作り、買って
もらう為には、沢山の小さな命が商品として扱われ、
又、犠牲になる事も、ちょっと考えると、十分、
想像できる範囲だと、そう思うのです・・・
これを人に置き換えてみると如何でしょうか???
・同じ、人種の人としか結婚できない。
・容姿がよければ、始終子供を身篭らせられる。
・貰い手がなければ、処分の道が待っている・・・等等。

ペットを家族と考えてるのなら、この置き換えは十分
成り立つはずなのですね。




一緒に暮らしてみると、人間と、同じではないけど、
彼らにも心があって、人とは違った目線で、色々と
学ぶ事も多いなぁ~と、今は、そう思ってます。
素直に可愛いなぁ~と思います。

なので、動物を飼う事は、良い面も色々あるし、
悪い事という訳では無いだろうと思いますが、
やはり、家の中で飼う、檻の中で飼うという事は、
人間のルールに合わせてもらうところの方が多くて、
その種が持つ、天性の気高さのような部分は、大概、
無くなってゆくし、ペットを飼うという姿勢そのものが、
自然と共存という部分からは、かけ離れていることのように
思えてきたりもするのですね。


ずいぶん昔、アッシジの壁画の、小鳥に説教する、
聖フランチェスコの絵(ジオット画)を見た時、
ペットとして檻や家の中で動物を拘束しながら
可愛がるのではなく、あんな風に触れ合えたら
良いのになぁ~(あれは、説教をしてるので、
実際には、触れ合いとは呼べないかも・・・
ですけれど。)と思ったことがありました。

昨今の街中とかでの住宅事情では、動物が棲める
裏山や森も無く、放し飼いとかは、もっての他って
感じで、そんなことは、難しいと思いますが、
できれば、そういう、時々出合って触れ合えるような、
そんな関係が、成り立てば素敵だなぁと思うのです。


十年ちょっと前まで、私もペットや動物は、人とは
まったく違った生物で、愛玩動物として可愛がる
事はあっても、心から触れ合うような付き合い方は、
考えてもみませんでした。

そして、その頃の心から、随分変わったなぁと思います。

そのきっかけになったのが、”グランド・ファーザー”
という本でした。
丁度、スピリチュアルから離れたいなぁ~と思って
いた頃に出あった本で、アッシジの壁画のような事が、
ホントにあるかもしれないなぁ~と思い始め、私の心も
変化して、全ての動物に対しては難しくても、自分と
縁のあった動物に対しては、その個々の動物を尊重する
といった心が芽生えたように思います。
もちろん、今でも苦手な動物はいますし、犬や猫の中でも、
苦手なタイプの固体は、いたりします。
でも、明らかに、動物でも、それぞれの個体が、ちゃんと
心をもった一つの生命である認識は、できるようになり
ました。


これが無いと、動物をファッションで飼ったり、途中で
捨てたり、虐待したりといった事が、平気でできちゃい
そうです。(過去の自分を振り返ってみて思います。)
このような虐待や放棄は、ペットに限らず、怖いことですが、
社会的弱者(乳幼児やお年寄り、病気や何らかのハンディが
ある人など)に対しても、無自覚に行使されることが多く、
事件になってみて初めて、事の重大さを認識する人も多い
んじゃないかと思ったりしています。

これだけ犬や猫などのペットが捨てられていても、まだ、
ペットショップで、動物を買ってしまう人が後をたたない
わが国のことを考えた時、ペット云々では済まない、人の
精神の荒み具合を、垣間見る気持ちがしてしまうのですね。

ペット自体を否定する気は全然無いのです。
ただ、もし、動物を愛する気持ちがある方が、ペットを必要
とされてるなら、これからは、ショップで買うのではなく、
保険所や里親募集の、保護を必要としている所から、引き
取ってあげるようにして欲しいなぁ~と、思います。
里親募集も問題あるのですが、とにかく、大金を出して、
ペットショップで、動物を買う人が後を絶たないかぎり、
癒しブームに便乗した昨今、ペットブームの裏で、沢山の
小さな命の悲鳴が聞こえているのは事実です。



ペットとして可愛がるのか、パートナーとして尊重
する事もできるのか・・・
どんなに可愛がっても、後者の気持ちが無いなら、
一方通行の愛情という点で、人形愛と、違わないかなと、
そんな気がするのです。
人形の中には、ホントに魂を宿したような人形もいて、
それだと、又、別かもしれないと考えたり・・・
人形愛の方って、よほどでないと人形を、ポイって
捨てたりはしないのですよね・・・
多分、引き取り手くらいは捜すだろうと思います。
ポイポイ捨てられているペットが多いことからいうと、
人形愛の方が、対象を大切に思っているフシもありなのです。

まぁ、深く考えると、きりが無いですから、一般的には、
一方通行の愛情という点で、どこか通じるところがある
ように思ったという、そんなお話から、ペットというものが
示唆している部分を、ちょっと真剣に考えてみました。





ランキングに参加中。
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。