スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋色の舞・・・龍の軌跡をイメージ

秋の色づいた山から、風に乗って舞い落ちる
木の葉をイメージして作ったブレスレット・・・



bracelet 緋色の舞
                 bracelet * 緋色の舞 * sold


以前、制作途中でアップさせてもらってました
次回、展覧会用のブレスレット”緋色の舞”


完成しました。

9/26 アップ早々のご縁を有難うございました。


続きは、more をクリックしてね


ランキングに参加中。
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ルースを使ったものは、気が遠くなるほどの間、
地下で時を過ごしていただけあって、その美しさとは
対照的に、どうしても重さを感じてしまうような気が
してしまうのです。
密度が濃いものは、その輝きや色を持ってしても、何故か
重~く感じてしまうのですね。
(私個人の感覚の気のせいかもしれませんが・・・)
で、ルースに合わせてデザインしてゆくと、どうしても
軽やかとは反対方向の色使いやデザインになっていって
しまうのです。


それで、もう少し軽めなイメージで、作ってみたいと、
メインとなる素材を、樹脂やグラスのボタンで作って
みることにしたのが、今回のブレスです。

樹脂の方は、ここ数年の間に手に入れたボタン。
ルースに比べると、ほとんど時を経ていないとも言える
超現代モノ。

ただ、それだけだと少し軽すぎる感じもしたので、
シンプルなチェコのアンティークグラスボタンや
ヴェネチアングラス、天然石のビーズも散りばめる
ことにしました。


思った通り、とても軽い鮮やかな色合いなのに、
どことなく深みがある、色づいた樹々の葉が、
光に照らされて舞い落ちてゆくような色合いを持つ、
素敵なブレスレットに仕上がりました。


いつもは、1ホールで留めて頂くタイプのブレスですが、
今回のものは、ダブルで留めて頂いてもシングルで留めて
頂いても使って頂ける、2サイズ使用にして・・・。



このブレスレットは、色づいた葉が舞い落ちる軌跡と、
透過する光の色をイメージして作ったものですが、
この”軌跡”というものが、とても好きなのですね。

羽虫の飛んだ軌跡、木の葉の舞い落ちる軌跡、
人や車の通った軌跡。


現在、私たちが存在している所の前にも、ずぅっと、
見えない道が続いている。
そんな事を考えさせてくれるからです。



小さな頃、何故、何、どうして?と、色々感じ、考えながら、
大人になって、諦めて考えなくなってしまった事も多いけれど、
こうして物づくりを続けていると、そんな風に考えてきた事の
答えが、不意に見つかる事もあって、それが、この仕事を
続けていられる原動力のような気がしています。


子供の頃、何故、本物の宝石よりもキラキラと輝くように
この世界が美しく見えたのかは、一刻たりとも同じではない、
その軽やかさにあったのかも。そんな風に思いながら・・・



ランキングに参加中。
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ビーズ - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。