スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニードル使いでフェルト作品・・・

フェルトのスミレ
制作途中の菫・・・


この秋は、フェルト作品を増やしていく・・・
そう公言してました。

先日のオークション作品まで、ここ3年ほどは、
洗剤を使ってフェルト化する方法をメインに作品を
作ってたんですね。
あまり、硬くしないホワホワ感の残る状態が好きで、
仕上げを針と糸を使って絞って、形作れればOKでした。
この方法で、特に不便も感じなかったし。

上の写真の左手前に写っている、作りかけの菫のお花、
一昨年のものと、ほぼ同じに見えると思いますが・・・

続きは more をクリックしてどうぞ


いつも有難うございます。ポチッと
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
そうなんです
今回、初めて、ニードルを使ってみました。
針や糸を使わず、このような形の状態までは、かなり
簡単に形作れるのです。

プライベートな友人達が、去年だったか一昨年だったか
年末に集まった時に、ニードルでの制作について話してたり、
周りでも何人か、作品を作ってる人がいたり、ここ数年は、
ニードルでの制作が、流行ってるんだなぁ~と思ってました。
機会があったら、やってみようかなぁ~とは思いながら・・・
そういえば、先日の企画展でもフェルト作家のマチルさんが、
とても可愛い作品を作ってらして、搬入の時に、いいなぁ~
と思ったりしてたところだったんですね~。



先日、オークションで、羊毛フェルトを落札頂いた方が、これから
ニードルでの作品制作を、始められるというところだったので、
ほんの少し、人から聞いた話を、書かせてもらったんです。
けど、後から、何かもっとアドヴァイスできれば良かったなぁ~と
思ったりで、自分もやっと、やってみようかなという気になりました。



使ってみると、あらまぁ、これは便利
フェルト化で、おおまかな形を形成した後に使うと、写真の
蕾の茎部分のように、かなり細く、しっかりしたものを作れたり、
細かい部分まで、デザインの融通が効くようなんですね。



先週から今週にかけて、外出が続いたりしてましたので、
ちょっと体調を崩したり、急に朝晩冷え込むようになって、
そろそろ冬支度の、コタツ布団カバーを新しく新調するのに、
生地をオークションで、選んでたりと、^^;制作が、お留守に
なってました。
(新しいのは、ベロア生地が好きなので、ベロアのパッチワーク風に
しようと思ってます。以前はグリーンのゴブラン織風、既成品でした。)



8月からずぅっと、仕事や自分以外の用事のプライベートで
奔走が続いてたので、ゆったりと、色々な刺激を受けたり、
自分の身の回りの事を考えたり、オークションを楽しんだり、
良い、息抜きができました♪

週末頃から、また、出来上がった作品を、ブログにアップ
できればと思ってます。

ワンド・オブジェの方は、今、繋ぎ部分を石塑粘土で作って
乾燥中なので、もうしばらく先にアップ予定です。
又、時々、チェックしてみて下さいね。



いつも有難うございます。ポチッと
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。