スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビロードのうさぎ

しばらく、アクセサリーのアップが出来ないので、
今日は、最近、心に残った本のことなど・・・


うさぎのフェルト・ドールを何体か作ってみて、
やっと最近、自分の作りたいウサギらしさって
いうものが見えてきた気がします。

で、やっと他の方々が作ったり、考えたりした
ウサギのデザインを色々と見てみたいなって
思えるようになりました。


で、出会ったのが、この本。






続きは more をクリックで、どうぞ


いつも有難うございます。ポチッと
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
酒井駒子さんの絵は、大好きっていうタイプの絵では
なかったのだけれど、ちょっと前から気になってました。

初めは、同じ内容の、他の方の翻訳と挿絵の本を買って
みる予定でしたが、酒井駒子さんの絵と抄訳で、同じ本が
出版されてると知って、こちらの「ビロードのうさぎ」を
読んでみる事にしたのです。


ぼろぼろになるまで、愛されて、主人公の男の子の
傍にいたウサギ。

この話の粗筋を、amazonのサイトで知った時、自分が
子供の頃に、ぼろぼろになるまで可愛がっていた犬の
ぬいぐるみの事を思い出して、どうしても読んでみたく
なったのです。


なんかジーンときちゃいました。
子供の頃のピュアな気持ちを、取り戻させてくれる本。

酒井さんの懐かしくて新しいセンスのある絵が、ホロリ
とさせてくれる、心の宝石のような本でした。

小さなお子さんがいらっしゃれば、ぜひ、読んで聞かせて
あげてもらいたい本ですね。おすすめです。

お話に出てくる、うさぎのぬいぐるみが、これまた可愛いのです。



いつも有難うございます。ポチッと
応援クリック宜しくお願いしますオカメインコ(ルチノー)


  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:幸せになるための本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。