スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のテーマソング♪

今日、友人に貸してた本が、手元に戻ってきました。


丁度、読みたいなぁ~と思ってたところ。





本を買っても、すぐに読まない事も多いんで、
何となく、必要な方に、先に貸しちゃう事も
あったりします♪


で、本を送ってくれるという連絡のメールに
自分のテーマソング?なるものの事が質問され
てまして・・・




それもあって、他で、あんなことを書いちゃった
訳なんですが、ここでは、別の友人に話した方の
テーマソングについて、書いてみようかなぁ~って
思ってます。(実は、4曲もあるのだ・・・笑)



空-antel2
2011.11.8 今日の空の雲・・・天使の翼と鳥の羽みたい





あっ、久しぶりにタロットの方への鑑定ご依頼を
有難うございました。
前回と同じくMさまになってしまいますので、今回
M2さまとして、金曜日頃にblog掲載を、予定させて
頂いております。どうぞお楽しみに~♪






いつも有難うございます。ポチッと
クリック頂けると嬉しいです。オカメインコ(ルチノー)


 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
で、そのテーマソング・・・




川のながれのように (美空ひばり さんの)



なのです。
メールにも、かなりビックリされてた記載があって、
自分でも演歌(ですよね?)は絶対有り得へん!
って思ってたから。


しかし、初めてラジオから流れてきた、その曲を
耳にした時、琴線に触れてしまいました・・・

アリエヘン!けど・・・汗




何ていうのか、この琴線に触れる曲っていうのは、
全て水を連想させる曲で、水=川=海=道=人生
みたいな。そんな曲ばっかりなのです。

もちろん、ほんとは、そういう風なイメージで作られた
曲じゃないものも含むんですけど、メロディーを聴いた時、
脳裏に水の情景が、バァ~っと広がっちゃうんですよね。



清濁、色々あるけど、全てみなあわせ持って、
それを遠くから、愛を持って眺めてるとでも
いうのか、そんな雰囲気が漂うものだったり
するのです。




まず、演歌?有り得ない!!って思いました。
子供の頃から、演歌って、情に縛られて場末な
雰囲気が漂っていて、大嫌いやったから。

でも、再び聴いてみて、やはり、詩がいいんです。
コレ、秋元康さんの作詞なんですよね・・・

そして、この曲が、発売された半年後に、ひばりさんは
亡くなってしまわれたのです。



もう、演歌であろうが何であろうが、完璧INでした。




友人が、ユーミンさんのリインカネーションでは?
みたいな予測を、有難くも立ててくれちゃってましたが、
流行ってた割りに、あまり聴かないアーティストさんやっ
たので、あまりピンと来なかったんやと思います。

ユーミンの中では、「やさしさに包まれたなら」と
「埠頭を渡る風」が、好きかなぁ~。




で、友人のテーマ曲も書いてあったので、何か、やっぱり
すごく通じるところがあったんやなぁ~って事を、実感
してたところでした。



その友人の好きなアーティストさんも、この、曲を歌ってて、
それが、ひばりさん以上に素敵なんですよね♪うちも、こっち
の方が断然好きですぅ~。



やっぱ、まんま演歌調のは、勘弁してほしいと思った次第でした。
でも、なんでか好きな気持ちには、変わりない。いいものはイイ


とっても素敵な歌だと思っています。







いつも有難うございます。ポチッと
クリック頂けると嬉しいです。オカメインコ(ルチノー)


 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。