スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と太陽のトランクで秋色の旅へ・・・

真っ赤な夕日と金色の満月


太陽と月が、空に浮かぶ時間


小っちゃなトランクの中に
夏の思い出を詰め込んで・・・



necklace-agate.jpg
necklace 月と太陽のトランク sold


そんな素敵な思い出の風景・・・

丸い形の模様入りアゲートを、
夕焼け色のビーズを中心に
風景を編み包んで作ったモチーフ


使い易くシンプルな皮コードと
美しい赤色のチェコグラス釦で
まとめてみました。



アップ早々のご縁を
有難うございました



いつも有難うございます。ポチッと
クリック頂けると喜びます。オカメインコ(ルチノー)


 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
巡り合えた幸せな時・・・




楽園体験




その地に向かうための搭乗ゲートを
潜った日のことを、浪漫飛行の曲で
思い出してました。







子供の頃、最初に憧れた国は
スペインで、次は、やっぱり
南の島やったんです。

夢でも時々、高床式みたいな
住居に住んでるのを、見てたからか、
何か、故郷?みたいな感じで・・・



で、仕事や色んなことにホトホト
疲れ切ってたこともあって、どー
しても行きたくなり、後先考えず
お仕事を辞めて、行ってしまった
ことがありましたよ~。

この話、前のブログで一度書いた気が
するんで、今回は、その時、一緒に行った
お友達のことなんかもチラっと書いちゃい
ます♪




スペイン行った時も、駅の改札出た
瞬間に大阪に戻ってきたんちゃう
やろか?思ったほど、馴染み深かった
んですが、南の島の時も、到着時に
タラップから降りてったら、他の
新婚旅行客を抑えて、数人にしか
もらえないレイを、もらってしまう
という歓待を受けてしまいました♪

お友達も、うちに輪をかけたスピ系
不思議ちゃんやったから、ほとんどが
日本人の新婚カップルの中、異質な
オーラで目立ちまくってたんかも
しれへんけど・・・

二人ともレイもらっちゃいました♪
あっ・・・レイってより、ほんまは花冠?やったかも
頭からスッポリ抜けてしもてただけで。



遠い昔のことで、今は疎遠になってもた
お友達と行ったんですけどね。
お友達は、親戚に有名なアーティストさんが
結構いるよな、やっぱり普通の人とは、パッ
と見でも、どっか違うよな人でした。

家に泊まりに行ったら、名前聞いたことある
作家さんの絵が、そこら辺にかけてあって、
聞いたらみな、親戚やって・・・。
ビクリしました。
(中の一人は、以前、TVのCMに出てたことも
ある方やったんで、女性やったら、名前聞いたら、
あぁ!っていう人がほとんどの超有名人)



こゆ話は、経歴的には、いたって一般人的人生を
歩んでると思われる?、うちの人生の中で、わりと
頻繁にあったりする話の一つなんです。


やから、時々、自慢げに?(笑)書いてるのは、
ごくごく僅かなもんやと思って、目をつむって
やって下さい。

何年もブログやってると、書くネタがつきちゃい
ますから。たまには、もう、時効かな?っていう
話なんか、書いちゃいます。笑





そのお友達も、親しくなる迄は、身内にそんな
有名な人たちがいてるとは、一切口にしてなかっ
たんで、やっぱ、そゆことを目当てに友達付き合い
とかされるの嫌やったんやろな?と思ったのでした。




人って、やっぱり、同じようなレヴェルの人同士、
あるいは、似た者同士が出会ったり惹かれたりっ
て事が多いと思うのです。
(上のお友達は、完全にスピ系でしたね・・・
 その頃、そんなスピなんて言葉なかったけど)


やから、無理に紹介云々とかのお話じゃなく、
自然に付き合いが始った中で、そゆう話が
出てきた時、それぞれの人生の波の波長が
上手く合えば、良い意味で、お互いが励み
となって伸びていけるようなパートナーや
友達に回り逢えるのかなぁ~と、最近、思っ
たりしています。






おっと、話が反れちゃいましたね。





ホテル近くのビーチも、とっても美しかった。
(いえ・・・ビーチではなく正確に言うと海だけ。
砂が赤茶けた粒のデカイタイプの砂浜やったから。
日本の、子供の頃に見た砂浜の方が綺麗やった)

けど、10人ほど集まったら、他の島に行ける
飛行機がチャーターできるっていうんで、
申し込んでみたら、その日に限って、悪天候。
飛べるかどうか、その時間になってみないと
わからへん状況で、飛行場まで行き、結局
悪天候ながら、昼から晴れるらしいってことで
何とか飛んでもらえたのです。




結果的に、こりが大正解!!




そこの島でランチを取って、ビーチに出かけたら
悪天候やったからか、うちらのほかには、別の
飛行機で来た外国の方々数人程度で、ほとんど
人がいないよな状況。
晴れてきたら、もう、白い砂浜にエメラルドグリーン系の
海が眼前に広がる絶景!!



小さな島なんで、少し歩いて離れたビーチに行くと
そこはもう、誰もいない・・・





ほんまは、モルディブに行きたかった。けど、当時
まだまだ航空運賃も高く、も少し近場の海にしたわけ
なんやけど、人気の高いとこやと、絶景の美しい海を
独り占め体験なんか、絶対に無理やったやろ・・・
(相当裕福な層の方でもない限り、うちレヴェルの
 経済状況では、先ず無理でしょう?普通)




夕方迄の短い時間やったけど、

多分、あの時、一生分の美しい海を、満喫させて
もろたと思います。


数年後に、社内旅行で別の南国に行った時、ホテルの
専用ビーチも体験してみましたが、やはり人の手が
入ってる自然と、天然の自然とでは、受取れる印象が
まったく違ってたから。

そゆの、今は、夢のまた夢です~。www




あんな美しい島々が、海に飲み込まれてかないよう、
できるだけ自然に近い暮らしに、少しずつでも、
戻して行く努力は続けたいなと思っています。





なので、今年は、自室のクーラーを、
一度も使いませんでしたよ~♪







いつも有難うございます。ポチッと
クリック頂けると喜びます。オカメインコ(ルチノー)


 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ハンドメイドアクセサリー - ジャンル:ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。